定期積金

定期積金は一般的にはスーパー積金とも呼ばれ、主に信用金庫や信用組合、農業協同組合などで取り扱われていて、定期的に掛け金の払い込みを行い満期日にはまとまった給付契約金を受け取ることができるという商品です。この商品においては掛金類型額と給付契約金額との差額を預金の利息として定めていて、この利息のことを給付補填金と呼んでいます。この給付補填金は契約において、その時の店頭表示の利回りを満期日まで適用するという固定金利とされていて、定期的に払い込んだ預金は満期日以降に一括して支払われる仕組みになっています。この積金は積み立て期間を自由に選ぶことができて、自分が決めた目標の額にあわせて積み立てることができることが魅力となっています。毎月の払い込み方法としては自宅まで係りの信用組合の社員などが集金に来る場合と普通預金や当座預金口座などからの振り替え、窓口で直接入金する方法などがあります。掛金の契約形態は一定の金額を毎回積み立てていき満期日になったらまとまった資金を受け取ることができるものや、契約期間と給付契約金を先に決めて毎回掛金を支払うもの、1年ごとに毎回の掛金に一定の金額を増やすことや、減らすことができるものがあります。
ギター01

Comments are closed.