債券(満期まで保有する場合)

固定金利というのは購入時の金利が満期になるまで変動しないものをいい、代表的なものとしては公社債などがあります。変動金利型の商品は保有期間中においても市場金利の変化に連動していて、利率が変動するもので中期国債ファンドや公社債投信、MMFなどがこれに分類されます。債券を満期まで保有する場合は額面に書かれている金額での取引となるので、一般的には100円での買い取られます。実際に売られている価格は必ずしも額面とは一致していないので金利や会社や国の信用力によって発行価格が高い値段で取引されている場合があります。価格が高くなる理由としては価値が認められることによって利率が上昇するので、利益が見込めるということが理由となります。リスクとして考えられているのは価格変動のリスクで、払い戻しに関しては100円でしか取引されないので、それと連動して市場価格が変動するというものです。また会社や国の信用度が変動することによっても、リスクが発生し、これは信用リスクと呼ばれていて、このリスクの大きさに関しては格付け機関が信用格付けを投資家向けに発表していて、これを見ることによって会社や国などの信用度を知ることができるようになっています。
葉02

Comments are closed.