個人向け国債(10年・変動金利型)

証券会社では、個人向け国債が販売されるようになっています。国債の利回りは銀行の定期預金などよりは高くなっていることから、個人投資家でも国債を購入する人が増えています。近年では国債を償還日まで保有すると、金貨がもらえるなどのおまけが付くことが多くなっている点にも注目です。国債というと以前は、固定金利型しかない状況がありました。しかし、今では変動金利型の国債も発売されるようになっています。10年物の国債で固定金利型の場合は、今後インフレが進むようになると金利分が物価の上昇によって相殺されてしまうことになり兼ねません。しかし、変動金利型の国債ならば、今後インフレが進んでも対応ができる金融商品となります。インフレ傾向になると金利が上昇してくることになるため、変動金利型の国債の利回りも上昇していくことが期待できるからです。現在、日本ではデフレ脱却に向けて金融緩和を本格化しています。そのため、今後はデフレを脱却してインフレ方向へ転換する可能性が高まっています。そのような環境があるだけに、今後の10年を考えると国債への投資は変動金利型を選んだ方が得策のように思います。実際のインフレ経済になると物価が上昇していくため、インフレ対応の金融商品を保有しておくことで資産防衛をすることが可能となります。
ドラム

Comments are closed.