固定金利

金利が関わってくる金融商品は多数存在しており、固定金利と変動金利とに分ける事が出来ます。まず固定は決まった期間ずっと同じ金利と設定されています。変動金利は金利の変動があり、定められた期間内で金利が上下する事です。共にメリットとデメリットがありますので、それぞれの特徴を知る事でどちらの方がいいのか判断する事が出来ますので、まずは互いの良さを知る事から始めましょう。
まず固定に関しては、金利が高い状態の時にこれから下がるだろうと予測される時に適しています。金利が下がっていっても高いままの金利を享受出来ますので、固定にしておく事でずっと高い金利のまま利益を得る事が出来ます。そして変動の場合は金利が低いときに適しています。これから金利が上昇するであろうと予測出来る場合に、変動にしている事で低い金利から高い金利になった時に高い金利を享受する事が出来ます。この固定と変動金利に関しては、金融商品の中でも債券等で主に使われる事が多いので、債券購入時には一度金利に関して確認しておきましょう。固定か変動かで将来の金利差の利益や損益が大きく変わってきますので、最初の購入段階で適した金利で購入する事でメリットを享受しましょう。

Comments are closed.