貸付信託

貸付信託とは、金銭信託の一種で、委託者から集めた資金を長期運用する金融商品です。 信託期間は2年または5年で、入金は1万円以上、1万円単位の入金です。 主として、貸し付けや手形割引の方法で、企業に貸し付けることで得られた収益を委託者に分配します。 収益につきましては、半年ごとに支払われる収益分配型と、収益が満期時に一括して支払われる収益満期受取型があります。 変動金利制となっており、半年ごとに金利が変動します。生じた金利を半年ごとに受け取るか、福利として口座に積み立てるかいずれかを選択することが出来ます。 元本について信託銀行が保証する貯蓄型の商品ですので、預金保険制度の対象となります。 信託が付いておりますので、誤解されやすいのですが、投資信託は投資型の金融商品ですので、、預金保護制度の対象商品ではなく、リスクも発生します。 投資信託が、投信会社と信託銀行で契約された受益権を投資家に分割するのに対し、各投資家と信託銀行との契約です。運用対象も投資信託が有価証券であるのに対し、主として貸し付けとなっています。 かっては信託銀行の主力商品でしたが、バブル崩壊後の低金利のあおりや、資産運用が多様化していることも影響して、新規に募集しているところも減少をしております。
サックス02

Comments are closed.