変動金利定期預金

定期預金とは、普通預金と違い一定期間引き出すことが出来ない預金のことです。 その為流動性は低くなりますが、金利は普通預金と比べ若干高くなります。 期間は6か月1年・3年・5年ものが中心で、中には10年の期間のものもあります。 預入期間が大口になりますと、金利も高くなる傾向があります。 金利につきましては、元本に利息が付く単利型と、元本と利息に更に利息が付く複利型があります。 定期預金の最大の落とし穴は、預けぱなしにしておいて、見直しをしない事です。 長い期間を固定金利で預けておくと、その間に金利が上昇することがあります。 お金を預けるのには、高い金利の時に預けるのが一番ですが、その金利が何時までも続くのか、見極めが大事です。 変動が付く変動金利定期預金とは、最初に預けた利息がずっと続く固定金利に対して、6か月ごとに見直しをする定期預金のことです。金利が上昇傾向にある時に有利な定期預金だといわれています。 預入期間は、金融機関により異なりますが、1年・2年・3年が中心です。 利払方法は、単利型と複利型がありますが、複利型は個人に限定されます。 最大のリスクは、中途解約をする場合は、その期間に応じて中途解約利率が適用されることで、満期まで預け入れした場合の金利が低くなることです。この点は注意が必要です。
サックス01

Comments are closed.