Author Archive

個人向け国債(10年・変動金利型)

証券会社では、個人向け国債が販売されるようになっています。国債の利回りは銀行の定期預金などよりは高くなっていることから、個人投資家でも国債を購入する人が増えています。近年では国債を償還日まで保有すると、金貨がもらえるなどのおまけが付くことが多くなっている点にも注目です。国債というと以前は、固定金利型しかない状況がありました。しかし、今では変動金利型の国債も発売されるようになっています。10年物の国債で固定金利型の場合は、今後インフレが進むようになると金利分が物価の上昇によって相殺されてしまうことになり兼ねません。しかし、変動金利型の国債ならば、今後インフレが進んでも対応ができる金融商品となります。インフレ傾向になると金利が上昇してくることになるため、変動金利型の国債の利回りも上昇していくことが期待できるからです。現在、日本ではデフレ脱却に向けて金融緩和を本格化しています。そのため、今後はデフレを脱却してインフレ方向へ転換する可能性が高まっています。そのような環境があるだけに、今後の10年を考えると国債への投資は変動金利型を選んだ方が得策のように思います。実際のインフレ経済になると物価が上昇していくため、インフレ対応の金融商品を保有しておくことで資産防衛をすることが可能となります。
ドラム

貸付信託

貸付信託とは、金銭信託の一種で、委託者から集めた資金を長期運用する金融商品です。 信託期間は2年または5年で、入金は1万円以上、1万円単位の入金です。 主として、貸し付けや手形割引の方法で、企業に貸し付けることで得られた収益を委託者に分配します。 収益につきましては、半年ごとに支払われる収益分配型と、収益が満期時に一括して支払われる収益満期受取型があります。 変動金利制となっており、半年ごとに金利が変動します。生じた金利を半年ごとに受け取るか、福利として口座に積み立てるかいずれかを選択することが出来ます。 元本について信託銀行が保証する貯蓄型の商品ですので、預金保険制度の対象となります。 信託が付いておりますので、誤解されやすいのですが、投資信託は投資型の金融商品ですので、、預金保護制度の対象商品ではなく、リスクも発生します。 投資信託が、投信会社と信託銀行で契約された受益権を投資家に分割するのに対し、各投資家と信託銀行との契約です。運用対象も投資信託が有価証券であるのに対し、主として貸し付けとなっています。 かっては信託銀行の主力商品でしたが、バブル崩壊後の低金利のあおりや、資産運用が多様化していることも影響して、新規に募集しているところも減少をしております。
サックス02

変動金利定期預金

定期預金とは、普通預金と違い一定期間引き出すことが出来ない預金のことです。 その為流動性は低くなりますが、金利は普通預金と比べ若干高くなります。 期間は6か月1年・3年・5年ものが中心で、中には10年の期間のものもあります。 預入期間が大口になりますと、金利も高くなる傾向があります。 金利につきましては、元本に利息が付く単利型と、元本と利息に更に利息が付く複利型があります。 定期預金の最大の落とし穴は、預けぱなしにしておいて、見直しをしない事です。 長い期間を固定金利で預けておくと、その間に金利が上昇することがあります。 お金を預けるのには、高い金利の時に預けるのが一番ですが、その金利が何時までも続くのか、見極めが大事です。 変動が付く変動金利定期預金とは、最初に預けた利息がずっと続く固定金利に対して、6か月ごとに見直しをする定期預金のことです。金利が上昇傾向にある時に有利な定期預金だといわれています。 預入期間は、金融機関により異なりますが、1年・2年・3年が中心です。 利払方法は、単利型と複利型がありますが、複利型は個人に限定されます。 最大のリスクは、中途解約をする場合は、その期間に応じて中途解約利率が適用されることで、満期まで預け入れした場合の金利が低くなることです。この点は注意が必要です。
サックス01

変動金利

銀行にはさまざまな金融商品がありその使用用途に合わせればかなり安く借入れをすることが出来ます。住宅ローンなども目的別のローンでかなり安い金利での取引が出来るのですがもっと安く金利を抑えるなら現在は低金利時代でして、特に変動金利に至っては1%を切るような金利を出している金融機関もあるようです。変動する金利の金融商品は他にもありますが、住宅の購入にはやはり所得税などの控除受ける事が出来る住宅ローンを使ってお得に自分の家を購入することが出来ます。住宅ローンを組む際に一番の悩みどころなのは固定金利にするか変動の金利にするかではないでしょうか。今は特に変動の方は安い状況で一時はこの状態が続くのではないかと言われています。そんな状況でもいつか金利が上昇してしまった時のローンの利息の負担額は家計を圧迫しかねませんので固定金利で毎年同じ金利にしておく事も考えられます。いくら金利が上昇しましても毎月は決められた金利で行きますのでその辺りは絶対的に安全安心な金利設定なるでしょう。もっと安くで借りるなどを考えて変動にしたとしても翌月いきなり金利が上がったのであれば損をしてしまいます。その辺りの見分けは素人には特に難しいようです。
ギター02

定期積金

定期積金は一般的にはスーパー積金とも呼ばれ、主に信用金庫や信用組合、農業協同組合などで取り扱われていて、定期的に掛け金の払い込みを行い満期日にはまとまった給付契約金を受け取ることができるという商品です。この商品においては掛金類型額と給付契約金額との差額を預金の利息として定めていて、この利息のことを給付補填金と呼んでいます。この給付補填金は契約において、その時の店頭表示の利回りを満期日まで適用するという固定金利とされていて、定期的に払い込んだ預金は満期日以降に一括して支払われる仕組みになっています。この積金は積み立て期間を自由に選ぶことができて、自分が決めた目標の額にあわせて積み立てることができることが魅力となっています。毎月の払い込み方法としては自宅まで係りの信用組合の社員などが集金に来る場合と普通預金や当座預金口座などからの振り替え、窓口で直接入金する方法などがあります。掛金の契約形態は一定の金額を毎回積み立てていき満期日になったらまとまった資金を受け取ることができるものや、契約期間と給付契約金を先に決めて毎回掛金を支払うもの、1年ごとに毎回の掛金に一定の金額を増やすことや、減らすことができるものがあります。
ギター01

個人向け国債(3年・5年・固定金利型)

個人向け国債は1万円から投資できる、非常に手軽な金融商品です。しかも1年が経過すれば途中で換金することも自由です。さらに元本は国が保証してくれますし、最低利率0.05%も保障されています。株のように変動が激しく、元本が保証されない投資先よりも安全かつ確実な商品なのです。
そんな国債はタイプによって3つに分けられます。一つは償還期限が10年で、実勢金利に合わせて金利が変動する変動10年。もう一つは償還期限が5年で満期まで金利が変わらない、固定金利の固定5年。そして同じく固定金利で償還期限が3年タイプの固定3年です。
先にも述べたようにいずれのタイプも1年が過ぎれば換金は可能で、最低利率は0.05%、もちろん元本も保障されています。ただし変動10年は実勢金利によって利率が変わるため、最終的な投資結果を見極めることが困難です。後の二つの固定金利型の場合は、満期まで利率は変動しませんから最終的な投資結果が予め予測できます。どれを選ぶかはみなさんの考え方次第ですが、数年後にお金の明確な利用目的が決まっているのであれば、固定金利タイプの方がおすすめです。
いずれにせよ国債は毎月発行されますから、慌てることなくじっくり、ご自分に合ったタイプを検討してみてください。
葉03

債券(満期まで保有する場合)

固定金利というのは購入時の金利が満期になるまで変動しないものをいい、代表的なものとしては公社債などがあります。変動金利型の商品は保有期間中においても市場金利の変化に連動していて、利率が変動するもので中期国債ファンドや公社債投信、MMFなどがこれに分類されます。債券を満期まで保有する場合は額面に書かれている金額での取引となるので、一般的には100円での買い取られます。実際に売られている価格は必ずしも額面とは一致していないので金利や会社や国の信用力によって発行価格が高い値段で取引されている場合があります。価格が高くなる理由としては価値が認められることによって利率が上昇するので、利益が見込めるということが理由となります。リスクとして考えられているのは価格変動のリスクで、払い戻しに関しては100円でしか取引されないので、それと連動して市場価格が変動するというものです。また会社や国の信用度が変動することによっても、リスクが発生し、これは信用リスクと呼ばれていて、このリスクの大きさに関しては格付け機関が信用格付けを投資家向けに発表していて、これを見ることによって会社や国などの信用度を知ることができるようになっています。
葉02

定期預金

定期預金とは、銀行や信託・信金などの金融機関が提供している一定期間払い戻しをしない事を条件にして、普通預金などよりも高い金利となっている、元本保障の預金商品の事です。
つまり満期日までは原則として引き出しが出来ない為流動性が制限されてしまいますが、普通預金などよりも収益性が高い、といった特徴を持っています。
また、定期型の預金の場合、預入時の金利が満期日まで適用される固定金利型の金融商品と、適用金利が一定期間ごとに変更される変動型の2種類有ります。
この預入期間は数ヶ月といった短い期間から、数年までの長い期間まで選択可能であるため、自分の運用目的に合わせて利用できるようになっています。
これらの他にも定期型の金融商品には、積立定期などのさまざまな種類が有るので、それらも含めて検討するのも良いと思います。
やむおえず中途解約をした場合は、その預入期間に応じて中途解約利率が適用されます。このとき、満期まで預入れをした場合の金利よりも低くなってしまいますが、元本を割る事はありません。
また、定期型の預金においても、預金保護法により保護されている金融商品の為、金融機関が破綻した場合一定額の払い戻しを保障する制度である「ペイオフ」の対象となる預金すべてを含めて、1000万円までの元本とその利息までとなっています。
葉01

固定金利

金利が関わってくる金融商品は多数存在しており、固定金利と変動金利とに分ける事が出来ます。まず固定は決まった期間ずっと同じ金利と設定されています。変動金利は金利の変動があり、定められた期間内で金利が上下する事です。共にメリットとデメリットがありますので、それぞれの特徴を知る事でどちらの方がいいのか判断する事が出来ますので、まずは互いの良さを知る事から始めましょう。
まず固定に関しては、金利が高い状態の時にこれから下がるだろうと予測される時に適しています。金利が下がっていっても高いままの金利を享受出来ますので、固定にしておく事でずっと高い金利のまま利益を得る事が出来ます。そして変動の場合は金利が低いときに適しています。これから金利が上昇するであろうと予測出来る場合に、変動にしている事で低い金利から高い金利になった時に高い金利を享受する事が出来ます。この固定と変動金利に関しては、金融商品の中でも債券等で主に使われる事が多いので、債券購入時には一度金利に関して確認しておきましょう。固定か変動かで将来の金利差の利益や損益が大きく変わってきますので、最初の購入段階で適した金利で購入する事でメリットを享受しましょう。