資産づくりのための定期性商品

金融商品にはいくつかの種類がありますが、あらかじめ定められた一定期間は現金化することができず、流動性は低いものの、普通預金などと比較すると高い利回りが保証されているものを「定期性商品」とよんでいます。 そのうち、当初の利率が満期まで変わらないものが「固定金利」タイプであり、その金融商品を購入した時点において、満期までにどの程度の資産形成ができるかが明快であるというメリットがあります。

 

その代表が数か月や数年程度で満期が到来する定期預金や定額貯金とよばれる預金商品であり、個人のみ購入可ですが、固定金利型で据置期間がある3年もの、5年ものの個人向け国債などもこのタイプに該当します。 また、利率が市場の状況を反映して時々刻々と変化するものを「変動金利」とよんでいますが、これは満期までの間に景気が良くなって金利が上昇した場合などに、固定金利のものよりも大きな最終利益を得ることができます。

 

その半面、満期を迎えるまでに当初よりも金利が低くなることもあるというリスクは想定しなければなりません。 こうしたタイプの金融商品としては、特に変動金利をうたっている定期預金や、変動金利の10年もの個人向け国債などが該当します。 なお、以上に掲げた金融商品は、途中解約すると解約手数料を取られることがあります。